価値創造企業を目指して

プリ・テックグループのトータル

2019-11-11
カテゴリトップ>美術品>種類別>版画>人物
【版画・絵画】グスタフ・クリムト『ミセル・エデル』シルクスクリーン■限定500部・新品★
商品の詳細
作家名グスタフ・クリムト
作品名ミセル・エデル
技法シルクスクリーン
外径サイズ92×66 cm
作品サイズ62×38 cm
補足説明
状態新品
付属品額付
エディション限定500部
◆ グスタフ・クリムト(Gustav Klimt)◆
1862 7月14日、オーストリアのウィーンで金工家・銅版彫刻師の家庭に生まれる。
1892 弟のエルンストが死去。その後、数年間ほど仕事が手につかず。
1897 オーストリア芸術家協会(ウィーン分離派)の創設に参画。初代会長となる。
1898 風景画も制作し始め、独自の作風に到達する。
1900 パリ万博に『哲学』を出品。思想表現を目指し始める。
1902 ウィーン分離派館でのクリンガー展のために『ベートーヴェン・フリーズ』を制作。
   あからさまな裸体表現でスキャンダルとなる.
1903 ウィーン大学大講堂の天井画を制作。ウィーン分離派館で、初めての個展を開催。
1905 内紛抗争で分離派を脱会する。その後、追従者が出て、クリムトのグループが出来上がる。
   ウィーン工房を創設した、建築家ヨゼフ・ホフマンに共鳴し、彼の依頼でブリュッセルの
   ストックレー邸の食堂にフリーズを制作。
1911 『死と生』を制作。15年に改作。
1917 美術アカデミーが名誉会員に認定。
1918 2月6日、脳卒中のため死去、享年55歳。最後の言葉が『エミリーを呼んでくれ!』だった。

人々の心の奥底に眠る欲望と真実を描き、その絢爛たる装飾的手法と、一方で、飾ることを知らぬ無垢で瑞々しい感性は、天才と言われる所以でしょう。

※ 本商品は、店舗等でも販売している為、
  ご注文のタイミングによっては完売となる場合が御座います
  ので、その場合は、ご容赦下さい。
■グスタフ・クリムトの一覧
※商品画像は、出来る限り商品の色合いに近付けて再現する様、心掛けておりますが、ご使用のモニタによっては実際の色合いと異なって見える場合が御座います。予め、ご了承下さい。
人物画_女性_美人_黄金のアデーレ_アデーレ・ブロッホ=バウアーの肖像_世界の名画

価格
37,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
残りあと1個です
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く